未分類

男のくせ毛を直す方法【チリチリのくせ毛美容師が教えます】

初めまして!

現在、東京で美容師をしている上中 岬(ウエナカ ミサキ)と申します!

僕は中学生・高校生の頃、自分の”チリチリくせ毛”に悩んでいました。

どうしてもくせ毛の自分が好きになれなくて、縮毛矯正をしたりストレートアイロンを使ったりしてくせ毛を隠して生活する毎日。

ウエナカ ミサキ
ウエナカ ミサキ

「くせ毛なんかに生まれてこなければ...」

そんなことばっかり考えていました。

でもそんな僕も美容師になり、たくさんの技術と知識を身につけました。

この記事では、20年間くせ毛と生きていた経験と美容師としての知識を絡めながら、

くせ毛と向き合っていく方法をお伝えしていきたいと思います。

くせ毛を治すとっておきの方法

正直に言います。

生まれつきのチリチリしたくせ毛を治す方法なんか、”存在しません”

少々タイトル詐欺になってしまいましたが、あなたの心からの悩みに寄り添いたくてこの記事を執筆していることに嘘偽りはありません…!

くせ毛で悩んでいる人にとっては辛い現実に思えるかもしれません。

ですが、現実を見つめることではじめて幸せへの一歩を掴むことができるので、まずは正しい知識をお伝えできればと思います。

生まれつきのくせ毛の特徴

ウエナカ ミサキ
ウエナカ ミサキ

「くせ毛は完全に治す方法は、存在しません!」

僕がここまではっきり断言する理由は、そもそもくせ毛がどうやって生えてきているのかを知れば納得できるはず。

まずは、くせ毛が持つ特徴を順番に見ていきましょう。

①毛根部が曲がっている

髪の毛には、頭皮の外側に出ている毛幹部(パーマやカラーをする部分)と頭皮の中にうもれている毛根部があります。

髪がまっすぐの人(直毛の人)は毛根部が頭皮に対してまっすぐに向いていますが、

くせ毛の人は毛根部そのものが頭皮に対してまっすぐになっていなくて、曲がっています。

その場合、髪の毛は曲がったまま生えていくことになるので

頭皮の表面に出てくる部分もくせ毛になってしまうのです...

②毛穴がゆがんでいる

髪の毛は毛穴の形にそって生えてきます。

髪がまっすぐの人(直毛の人)の毛穴は、まん丸の正円形をしていますが

くせ毛の人の毛穴は、90%以上が楕円形やいびつな円形をしています。

そして、毛穴のゆがみが強い程、髪の癖も強くなると言われています。

くせ毛を治すにはどうすればいい?

つまりくせ毛を一生まっすぐにしたいのなら、今紹介した

  • 曲がった毛根部
  • 毛穴のゆがみ

というくせ毛の特徴を矯正してしまえば良いということです。

しかし、今のところ毛根部や毛穴を矯正する方法は存在しません...

ウエナカ ミサキ
ウエナカ ミサキ

もしそんな技術が生まれたら、縮毛矯正をする時代は終わります!

でも、落ち込まないでください。

自分のくせ毛が一生まっすぐになることがないなら、くせ毛と上手につきあっていく方法を考えれば良いのです。

ここからは、くせ毛と上手に付き合っていく方法をいくつか紹介していきますね。

”癖毛と生きる”2つの選択肢

これからの人生、くせ毛と上手に付き合っていく方法は大きく分けると2つあります。

両方にメリットとデメリットが存在するので、あなたの今の環境などに合わせて選んでいくことをおすすめします。

①くせ毛を殺す

くせ毛だけはどうしても許せない!絶対にまっすぐじゃないと嫌!

という人は、こちらの方法がおすすめ。

やり方は2種類あります。

❶ストレートアイロンでセットする

一番お金をかけずに髪の毛をまっすぐにできる方法です。

ただ外に出るたびにストレートアイロンを使わないといけないので、朝の準備時間がそれだけ長くかかってしまいます。

朝が弱い人にとっては少し大変かもしれません。

また、アイロンの温度に気をつけないと髪の毛は見る見るうちに傷んできてしまいます。

髪の毛が傷みすぎると、ストレートアイロンをいくら使っても髪がまっすぐにならず、余計に広がりやすくなってしまいます。

ウエナカ ミサキ
ウエナカ ミサキ

僕は小学生の頃アイロンをしすぎて、取返しがつかないほどチリチリになりました...

正しいストレートアイロンの使い方を下の記事で詳しく紹介するので、

ストレートアイロンを使って髪の毛をまっすぐにさせたい人は忘れずにチェックしておきましょう。

https://kusemisa.com/wp-admin/post.php?post=69&action=edit

ストレートアイロンのメリットストレートアイロンのデメリット
①アイロン1台のお金しかかからない①セットに時間がかかる
②気になる部分だけ手軽になおせる②ダメージが蓄積されて扱いにくくなりやすい
③自然に仕上げる事ができる③湿気の多い時期や汗をかいたときに一瞬でくせ毛に戻ってしまう

❷縮毛矯正をする

くせ毛を完全にまっすぐにしたいなら縮毛矯正が絶対おすすめです。

縮毛矯正は美容師が失敗しない限り、当てた部分がまたくせ毛に戻ることはありません。

湿気の時期だろうが、汗をかいていようが、一切関係なくまっすぐな髪の毛をキープできるので、

髪の毛を1日中気にすることはなくなるでしょう。

朝の準備もびっくりするくらい楽になります。

ただ、美容師から見ても縮毛矯正はかなり難易度の高いメニューです。

あっ、ラッキー!

このお店の縮毛矯正安いから予約しちゃお〜!

って考えてテキトーに予約すると、大失敗されて余計に扱いづらい髪になるかも...

縮毛矯正は美容師の技術力によって仕上がりに大きな差が出てしまう技術

だから、美容師選びは超重要です。

ちょっと料金が高くても、InstagramなどのSNSで縮毛矯正を得意としている美容師にお願いする方が失敗が少ないと思います。

そして最大のデメリットが、お金がかなりかかることです。

お店にもよりますが、1回の施術にかかる料金は1万円以上になる場合が多いです。

さらに男性で縮毛矯正をかけた場合、

女性よりも美容室に行く回数が増えてしまうということを覚えておきましょう。

女性が縮毛矯正をかけると3ヶ月〜6ヶ月間くらいはストレートな髪が続きますが、

男性の場合1ヶ月半〜2ヶ月くらいで根元のうねりが気になり始めます。

え...?

なんで男の方がうねるのが早いの?

それは、髪の長さと重力の関係から説明できます!

ウエナカ ミサキ
ウエナカ ミサキ

また、地球上にいる限り髪の毛も重力の影響を受けます。

女性の場合、髪の毛が長ければ長いほど重力によって地面に引っ張られる力が大きくなるので、根元のくせが気になるまでに時間がかかるというわけです。

一方男性は髪の毛が短いので、重力によって髪が地面に引っ張られる力が小さくなります。

なので髪の毛が伸びてくるとすぐに根元のうねり気になってしまいます...

以上の点を踏まえて、縮毛矯正をするときには慎重に考えた方が良いでしょう。

縮毛矯正のメリット縮毛矯正のデメリット
①汗や湿気が一切気にならなくなる①高額なお金がかかる
②朝の準備がかなり楽になる②ストレートを維持するために定期的に美容室に行かなければいけない
(男性は、女性よりもくせが気になるのが早い)
③美容師によって仕上がりに大きな差が出る
④髪に与えるダメージが大きい

②くせ毛を生かす

実は、嫌で嫌で仕方がなかったくせ毛も上手に扱えばみんなから「羨ましい!」「そんな髪になりたかった!」

と言われるオシャレヘアに変身する事ができます!

僕も自分のくせ毛が本当に嫌いだったので、中学1年生〜高校3年生までの6年間ずっと縮毛矯正を当てていました。

でも今では縮毛矯正をやめて、くせ毛を生かした髪型で仕事をする毎日。

お客様からは

「めっちゃオシャレな髪型ですね!パーマかけてるんですか?」

と言っていただくことも(笑)

ずっと自分の髪をストレートにしてきた人にとっては難しい選択かもしれませんが、

思い切ってくせ毛を生かしてみると案外悪くないかもしれません。

では、くせ毛を生かすための方法を2つ紹介します。

❶元々のくせ毛を生かしたスタイリングを覚える

まずは、美容室でカットするときに

僕、縮毛矯正を卒業しますっ!

くせ毛を生かせるように切ってください!

とはっきり伝えましょう。

くせ毛を生かすカットをしてもらったら、次はスタイリング剤選びです。

スタイリング剤は自分の髪にあったものを使いましょう。

今ではAmazonなどのショッピングサイトでもたくさんのスタイリング剤が販売されているので、選ぶのがすごく大変だと思います。

そこで、

チリチリのくせ毛の人におすすめのスタイリング剤を分かりやすくまとめておいたので、自分だけじゃ選びきれない人は下の記事をご覧ください。

スタイリング剤を選んだら、くせ毛を生かしたおしゃれヘアになるようにセットを練習しましょう。

慣れれば、5分〜10分ほどでセットできるようになります。

すでに縮毛矯正をしてしまったんだけど、今からでもくせ毛を生かせるのかな...?

と心配な人も大丈夫。

最初の数ヶ月間は根本がうねっているのに毛先だけまっすぐという少し不自然な状態髪になってしまうと思いますが、

いつかは縮毛矯正をした部分を切り落とすことになるので、ここは気長に待ちましょう。

気になると思うけど、少しの間だけ我慢してくださいね...

ウエナカ ミサキ
ウエナカ ミサキ
地毛のくせ毛をいかすメリット地毛のくせ毛を生かすデメリット
①お金がかからない①慣れるまでに少し時間がかかる
②慣れれば、5分〜10分でセットできる②前に縮毛矯正をしている場合、しばらくのあいだ不自然になってしまう

❷逆にパーマをかけてみる

くせ毛の人の中には、

それ以外はそこまでなのに、前髪だけ異常にクセが強くて扱いづらい!

という、部分的にくせが強いタイプの方もいます。

ちなみに、僕もこのタイプです...

ウエナカ ミサキ
ウエナカ ミサキ

このタイプのくせ毛の人は、スタイリング剤だけだとセットが難しい場合があります。

それでも、それでもくせ毛を生かしたいんです...!

そう思ったら、パーマを当ててみましょう。

元々クセが強い部分はそのままで、その強いくせ毛に合わせるように他の部分にパーマをかければ

全体的にバランスの良いクセ感を出す事ができます。

そうすることで、今までと比べ物にならないくらいセットがしやすくなります。

パーマをかけるメリットパーマをかけるデメリット
①全体のクセ感を均一にしてセットしやすい髪になる①1万円弱のお金がかかる
②くせのバランスが良くなっておしゃれ感が増す②1回の施術で受ける髪のダメージが大きい

今の環境に合わせてどう付き合うか選んでいこう!

ここまで、自分のくせ毛と上手に付き合っていく方法を4つ紹介しました。

学校の決まりや今のあなたの生活スタイルに合わせて

くせ郎
くせ郎

自分はこれから先、どうやってくせ毛と付き合っていこう?

と一度考えてみてください。

あなた、自分のくせ毛と上手に付き合って、今以上に楽しい毎日を過ごせることを願っています

では、また!

-未分類

© 2023 くせ毛男子ラボ Powered by AFFINGER5